来月八日に開幕する第99回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が二十日、さいたま市大宮区であり、各チームの主将が緊張の面持ちで抽選札を引いた。開幕戦の開智-大宮光陵を皮切りに決勝戦が予定される二十六日まで県内10球場で「夏の甲子園」への出場権をかけた熱戦が繰り広げられる。

 今大会は昨年より2チーム少ない156チームが参加。部員数不足のため日本高野連が認めた連合チームは「児玉白楊・児玉・深谷」「上尾鷹の台・上尾橘・新座・越生」の2チーム。前回大会優勝の花咲徳栄は来月十一日に越谷総合と、春季関東大会優勝の浦和学院は同十日に三郷と初戦を迎える。

 開会式で選手宣誓を務めるのは、...    
<記事全文を読む>