夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権群馬大会(7月8~27日、上毛新聞敷島、高崎城南、桐生の3球場)の組み合わせ抽選会は16日、前橋市のベイシア文化ホールで開かれ、参加68校65チームの対戦相手が決まった。

 春季関東大会県予選で優勝した前橋育英をはじめ、準優勝の健大高崎、4強の前橋東、高崎と8強の常磐、農大二、伊勢崎清明、桐生南の計8校がシードされた。

 板倉が人数不足のため昨年に続いて不参加の一方、大間々は2年ぶりに出場する。尾瀬、下仁田、万場、長野原は4校連合チームで出場する。

 嬬恋が予備抽選で1番を引き、同校主将が選手宣誓を担当することが決まった。

 組み合わせは...    
<記事全文を読む>