第99回全国高校野球選手権栃木大会の開会式で、大会歌と国歌を独唱する高校生を決めるオーディションが24日、宇工高大講義室で行われ、宇短大付高3年大野和奏(おおのわかな)さん(17)と海星女高1年荻巣真里亜(おぎすまりあ)さん(16)が代表出演者に決まった。

 大会歌独唱は第94回大会から始まり、今年で6回目。国歌独唱は昨年から始まった。

 非公開のオーディションには県内各校を代表する24人が参加。それぞれが大会歌「栄冠は君に輝く」と国歌を個性豊かに歌い上げた。

 大会歌独唱は2年連続で宇短大付高の生徒が務める。大野さんにとって高校野球の開会式は1年生の頃からの憧れの舞台。「受かるとは...    
<記事全文を読む>