夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権茨城大会の組み合わせ抽選会が21日、水戸市内で開かれ、出場する98チーム(101校)の対戦相手が決まった。開幕試合は7月8日午前11時10分から水戸市民球場で行われ、友部、神栖、潮来、石岡商の4校連合チームが鬼怒商と対戦する。(山下葉月) 部員不足のため、友部、神栖、石岡商は昨年も連合チームで出場しており、今年は新たに潮来が加わった。選手たちは先月から各校のグラウンドに集まって、合同練習に励んでいる。

 潮来は昨年まで単独で大会に挑んでいたが、三年生が卒業し、野球部員が5人に減った。連合チームの主将を務める同校三年の山沢俊介さん(1...    
<記事全文を読む>