第99回全国高校野球選手権山形大会の組み合わせ抽選会が29日、山形市の山形テルサで開かれ、出場49校の対戦カードが決まった。大会は7月12日に開幕し、23日に決勝が行われる予定。開会式後の開幕試合は米沢東-山形電波工に決まった。

 シード校は今春の県大会を制した日大山形が第1、準優勝の羽黒が第2、3位の九里学園が第3、4位の山形商が第4となった。昨秋以降の成績をポイント化し、第5は酒田南、第6は鶴岡東、第7は山形南と山形城北の2校。

 秋と春の県大会覇者の日大山形は、Aブロックから頂点を狙う。2回戦では開幕試合の勝者と対戦。他に第7シードの山南や前回大会4強の米沢中央が入った。Bブ...    
<記事全文を読む>