県勢は羽黒が準々決勝で敗れ、日大山形と九里学園が2回戦で敗退した。前回に続き4強入りはならなかった。他県の強豪との打力の差が際立った印象だ。

 羽黒は2年生右腕の佐藤幸弥ら投手陣を軸に1勝を挙げた。野手は堅守で投手をもり立て、守りから主導権を握るパターンを確立しつつある。一方の打線はつながりを欠き、夏までの課題となった。

 昨秋に続き、県王者として臨んだ日大は初戦敗退。県大会で劣勢をはねのけた強打は見ることができなかった。背番号1の森田南々斗が粘り強く試合をつくっただけに、少ない好機で1点を奪うしたたかさも必要だった。

 九里はタイブレークで初戦を制し、2回戦では宮城第1代表の東北に...    
<記事全文を読む>