第99回全国高校野球選手権大会南北海道大会室蘭支部予選は27日、とましんスタジアム(苫小牧市緑ケ丘球場)でCブロックの1回戦2試合が行われた。大谷室蘭は苫高専に9―0でコールド勝ち、浦河は6―0で苫西を下してそれぞれ2回戦に進んだ。きょう28日はAブロックの2回戦2試合が行われる。◆―― 大谷室蘭9-0苫高専 大谷室蘭が初回から打者一巡の猛攻を仕掛け、原田の三塁打など長短5安打で一挙4点。三回にも1死二、三塁で原田が二遊間を抜く適時打を放つなど3点を追加し、早々と試合を決めた。先発松井はベンチに下がった六回までノーヒットで苫高専を封じた。

 坂本亘監督は12安打にも「打線は水物」...    
<記事全文を読む>