夏の甲子園出場をかけた第99回全国高校野球選手権大会北北海道大会(道高野連など主催)の北見支部予選の組み合わせ抽選会が16日、北見芸術文化ホールで開かれた。予選は25日に開幕し、13チーム(15校)が熱戦を繰り広げる。

 予選はトーナメント形式で、二つのブロックに分かれて行う。制した2チームが、旭川スタルヒン球場で7月15日に開幕する北北海道大会に出場する。

 春季の支部大会の成績を考慮し、遠軽と北見商がシードされた。選手宣誓は、立候補による抽選で、北見商の吉田悠人主将(3年)に決まった。

 入場料は一般500円、高校生以下無料。(川崎博之)

...    
<記事全文を読む>