夏の甲子園出場をかけた第99回全国高校野球選手権大会北北海道大会の旭川支部予選(27日から・旭川スタルヒン球場)の組み合わせ抽選会が14日、同球場で行われた。

 同支部予選には8年ぶりに単独出場する苫前商を含め、支部の高野連加盟校23校すべてが出場。春季支部大会A、Bブロックで代表決定戦に進んだ旭実、旭大高、旭明成、旭工がシード校となった。

 1回戦は27、28日、準決勝は29日~7月1日、代表決定戦は1、2日に行われる。A~Dブロックの代表4校が、7月15日に同球場で開幕する北北海道大会に出場する。

 支部予選の開会式は6月27日午前8時半から。東川の西沢和輝主将(2年)が選手宣誓...    
<記事全文を読む>