春の全道高校野球は5日、札幌円山球場で決勝を行い、駒大苫小牧(室蘭支部)が函大有斗(函館支部)に6―4の逆転勝ちで4年ぶり5度目の優勝を果たした。駒大苫小牧は1点を追う七回、林田の2点二塁打で試合をひっくり返した。

 6年ぶり4度目の優勝を目指した函大有斗は二回に4点を先制しながらリードを守れなかった。駒大苫小牧 6―4 函大有斗 駒大苫小牧は4試合連続の逆転勝ち。4点を追う三回、内野ゴロの間に1点を返し、四回は岩舘、六回は安田匠の適時打で1点差とすると、七回に林田が逆転の2点二塁打を放った。工藤は二回からロングリリーフして無失点。函大有斗は九回に3安打を集めながら得点できなかっ...    
<記事全文を読む>