函大有斗は終盤に打線がつながり接戦を制した。2―2の八回、東の二塁打と捕逸で無死三塁とし、鈴木の右前適時打で勝ち越し。さらに新出の二塁打で4点目を挙げた。北照は三回に先制し、1―2とされた七回に追いつく粘りを見せたが及ばなかった。

...    
<記事全文を読む>