帯大谷が着実に得点を重ねた。三回、鹿野の適時打と敵失を絡めて2点を先制。1点リードの四回、1死満塁で宇野が走者一掃の三塁打を放つと、五、八回にも加点した。滝川西は五回に堀田の適時打で2点を返したが、六回以降は無得点に抑えられた。

...    
<記事全文を読む>