宮城県で12日に幕を閉じた第64回春季東北高校野球大会。八戸学院光星高校を準優勝に導いた二枚看板は、ともに青森県南育ちのライバル同士だ。現エースの福山優希選手(2年)=八戸・市川中出=と、けがから復帰した前エース・向井詩恩選手(3年)=三沢二中出=は、ベンチ入り20人に食い込んだ数少ない青森県出身者。夏の甲子園予選に向け、互いに「背番号1は譲れない」とエース争いに闘志を見せている。

...    
<記事全文を読む>