第64回春季東北高校野球大会は第2日の9日、仙台市民球場と石巻市民球場で2回戦6試合を行った。青森県勢は聖愛(第2代表)が岩手県第1代表の盛岡大付と延長十回タイブレークの末、7-4で打ち勝ち8強入りした。大会第3日の10日は準々決勝4試合を行い、石巻市民球場で八学光星(第3代表)が東陵(宮城県第2代表)と、利府町中央公園野球場で聖愛が仙台育英(宮城県第3代表)と、ベスト4を懸けた戦いに臨む。

...    
<記事全文を読む>