第64回春季東北地区高校野球大会は8日、仙台市などで開幕した。初日は仙台市民球場での開会式後、石巻市民と2球場で1、2回戦の計4試合を実施。青森第3代表の八学光星は明桜(秋田第1)を3―2で下し、準々決勝に駒を進めた。青森第1代表の青森山田は東陵(宮城第2)に1―2で敗れた。

 9日は、岩手第2代表の久慈がいわき光洋(福島第2)と、青森第2代表の弘学聖愛が盛岡大付(岩手第1)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>