第136回春季北信越高校野球大会(3〜6日・新潟県)の県勢は、小諸商(長野1位)が準決勝、東海大諏訪(長野2位)が準々決勝で敗退した。決勝に進んだ石川県勢などとは力の差があり、両校とも現時点の課題がより明確になった。

 夏に向けた強化練習を続ける中で大会に出場した小諸商は、結果的に投打とも本来の力を出せなかった。右腕高橋は初戦(準々決勝)こそ中越(新潟2位)を力でねじ伏せたが、準決勝は金沢打線につかまり、4失点で途中降板。球速140キロを3度計測したものの、配球と制球に甘さがあった。

 2試合で計4得点にとどまった打線は、スイングの力強さでは石川県勢に引けを取らなかったが、得点につ...    
<記事全文を読む>