第128回春季中国地区高校野球大会第2日は4日、松江市営野球場で準決勝が行われ、鳥取城北が今春選抜出場の創志学園(岡山)を5―4で下し、2年連続7度目の出場で初めて決勝に進んだ。広島新庄(広島)は昨秋の中国地区優勝の宇部鴻城(山口)を7-3で下した。広島新庄も初の決勝進出。

 鳥取城北、広島新庄とも初優勝が懸かる決勝は、最終日の5日午前10時から同野球場で行われる。

 ▽準決勝鳥取城北   100220000|5   000003010|4創志学園(岡山)好機逃さず強豪撃破  【評】鳥取城北が相手投手の乱調や守備の乱れにも乗じて中盤までに5点を挙げ、反撃をかわした。

 初回、菅野、山...    
<記事全文を読む>