春の中国高校野球大会第2日は4日、松江市営球場で準決勝2試合があり、創志学園は鳥取城北に4―5で惜敗し、決勝進出を逃した。もう1試合は新庄が7―3で宇部鴻城に逆転勝ちした。

 新庄―鳥取城北の決勝は5日午前10時から同球場で行われる。

 ▽準決勝鳥取城北100220000|5000003010|4創志学園▽二塁打 金山、木村▽暴投 難波 【評】創志学園は五回までの5失点が響いた。主戦難波は一回に適時打で先制され、四回は1死満塁から2点適時打を許すと、五回は暴投などで2失点。計6与四死球と制球を乱し、この回限りで降板した。打線は六回に中山、藤原の連続適時打などで3点を返し、八回に1...    
<記事全文を読む>