第128回春季中国地区高校野球大会が3日、松江市営野球場で開幕した。5県の春季大会優勝校と開催県の島根の2~4位校の計8校が出場。初日は1回戦4試合が行われ、鳥取城北が益田東(島根3位)に6-4で競り勝ち、山陰両県勢で唯一準決勝に進んだ。

 島根1位の石見智翠館は広島新庄に3-8で逆転負け。大社(島根2位)、浜田(同4位)は今春の選抜大会出場の創志学園(岡山)、宇部鴻城(山口)にそれぞれ敗れた。

 第2日は4日、同野球場で準決勝が行われ、鳥取城北は第2試合で創志学園と対戦する。きのうの成績 ▽1回戦宇部鴻城 8-2 浜   田(山  口)    (島根4位)広島新庄 8-3 石見智...    
<記事全文を読む>