春の中国高校野球大会は3日、松江市営球場で開幕。1回戦4試合があり、創志学園は大社を11―1の六回コールドで下した。創志学園のほか、新庄、宇部鴻城、鳥取城北が4強入りした。

 第2日の4日は同球場で午前10時から、宇部鴻城―新庄、創志学園―鳥取城北の準決勝が行われる。

 ▽1回戦大社000010|1404012x|11創志学園(六回コールド)▽本塁打 金山、難波▽二塁打 山本、中山2、尾原▽暴投 長岡2、難波 【評】14安打11得点の創志学園が六回コールドで圧勝した。一回、暴投で先制後、1死一、三塁で金山が右越え3点本塁打を放つと、三回は難波のソロ本塁打や木村の2点適時打など5長短...    
<記事全文を読む>