帯大谷は14安打で小刻みに得点を重ね武修館を圧倒。石田、宇野、鹿野のクリーンアップ3人が5打点を挙げた。先発山本は8回6安打で無四球1失点の好投。低めにボールを集め、ゴロの山を築いた。武修館は八回に龍の適時打で1点を返すが、及ばなかった。

...    
<記事全文を読む>