第131回県高校野球選手権(大分合同新聞社後援)第3日は20日、大分市の別大興産スタジアムで準決勝2試合があった。大分商と明豊が決勝に進み、今夏の大分大会第1シード同士の決戦が決まった。

 最終日の21日は午前10時から同スタジアムで決勝がある。

 ▽準決勝大分商 000 202 200-6柳ケ浦 001 000 000-1大分 000 000 020-2明豊 210 100 11×-6小刻みに加点 明豊 【評】勝負どころで打線がつながった明豊が大分を下した。

 明豊は初回、1死三塁から伊藤の中前適時打で先制した。さらに2死から杉園の中前打で1点を加えた。四回に管の適時打で1点、終盤...    
<記事全文を読む>