第70回春季四国地区高校野球大会が5月3日、徳島県の鳴門オロナミンC球場、JAアグリあなんスタジアムの2会場で開幕。1回戦4試合を行った。高知県代表1位の明徳義塾高校は4―0で鳴門渦潮高校(徳島2位)を破り、高知県代表2位の高知校区は三本松高校(香川1位)に2―9で敗れた。

   明徳はエース左腕北本が力強い投球で5安打完封。高知は1点差まで追い上げたが、終盤に突き放された。

   このほか、松山聖陵高校(愛媛2位)が1―0で徳島商業高校(徳島1位)に競り勝ち、帝京五高校(愛媛1位)が英明高校(香川2位)を9―4で下した。

   第2日は4日、鳴門オロナミンC球場で三本松―松山聖陵、...    
<記事全文を読む>