徳島県内の2球場で3日に開幕する高校野球の第70回春季四国地区大会の組み合わせ抽選会が2日、徳島市のホテルサンシャイン徳島アネックスであり、1回戦で徳島1位の徳島商は、松山聖陵(愛媛2位)と対戦することが決まった。2位の鳴門渦潮は明徳義塾(高知1位)と戦う。

 徳島商対松山聖陵は3日午後0時半からアグリあなんスタジアムで、明徳義塾対鳴門渦潮は同日午前11時半から鳴門オロナミンC球場でそれぞれ行われる。県勢は四国地区大会では春と秋を合わせて13連敗中で、連敗を食い止められるか注目される。

 抽選会には参加8校の監督、主将ら約50人が出席。開催県の徳島を除く3県の2位校による予備抽選の...    
<記事全文を読む>