春の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)第4日は30日、倉敷市のマスカットスタジアムで準決勝2試合があり、創志学園、光南が決勝進出を決めた。

 創志学園は主戦難波が好投。打線も効果的に得点を重ね、興譲館に7―0の八回コールド勝ち。光南は同点で迎えた延長十一回、井上の左中間適時二塁打で勝ち越し、倉敷商を6―5で下した。

 最終日の3日は同スタジアムで午前10時から創志学園―光南の決勝を行う。創志学園が勝てば初、光南なら29年ぶり2度目の春制覇となる。

 ▽準決勝創志学園00101023|700000000|0興譲館(八回コールド)▽二塁打 藤原、梅田▽暴投 梅田2 【評】創志学園が快勝...    
<記事全文を読む>