「春季鳥取県高校野球大会」最終日は30日、鳥取市のコカ・コーラ野球場で決勝と3位決定戦が行われ、鳥取城北が米子東を8-2で下し2年連続3度目の優勝を果たした。昨秋の県大会に続く2季連続の頂点。3位決定戦は倉吉東が鳥取西に勝ち、山陰大会(6月9~11日・島根県江津市)の出場権を得た。鳥取城北は同点に追い付かれた直後の五回、山本貴、本道の連打で好機をつくり、瀬戸の犠飛などで勝ち越した。先発松江が5安打、2四球の好投。10年ぶりに決勝に進んだ米子東は、瀬尻の本塁打で挙げた2点に抑えられた。シード校の倉吉東は六回、政門の2点適時二塁打などで3点を加えて勝ち越し。八回にも得点を重ね、鳥取...    
<記事全文を読む>