平成29年春季近畿地区高校野球大会県予選最終日は16日、佐藤薬品スタジアムで決勝があり、智弁学園が7―6で奈良大付に逆転サヨナラ勝ちし、2年連続13回目の優勝を果たした。智弁学園は27日から始まる春季近畿地区大会(大阪・舞洲ベースボールスタジアム)に出場する。

 3点を追う智弁学園は九回、敵失で1点を返した後、二死一、二塁とチャンスを広げ、太田が左中間に3点本塁打を放ち、土壇場で試合をひっくり返した…

...    
<記事全文を読む>