兵庫県高校野球連盟は9日、神戸市内で理事会・評議員会を開き、2017、18年度の役員を決めた。八木基雄会長(60)の後任には、姫路東高校長の田靡(たなびき)幸夫氏(58)が就任した。任期は2年。

 田靡氏は姫路市出身。姫路東高-信州大を経て1981年から教職に。兵庫県立大付高副校長、高砂高校長などを歴任した。加古川西高や母校で野球部監督を務めるなど約20年間指導に携わり、県高野連では15年から副会長を務めていた。

 田靡新会長は「高野連旗の『F』マークに込められたフレンドシップ(友情)、フェアプレー、ファイトの精神を大切に、心豊かで自立した人づくりを目指したい」と抱負を語った。(山...    
<記事全文を読む>