一回に5得点。鮮やかな先制劇が、報徳の勝利を決定付けた。安打数こそ育英の13本より少なかったが、10安打に足も絡めて効率よく攻め、大角監督は「立ち上がりに盗塁も決まり、4番の篠原が落ち着いて打つことができた。先制点を取れたのが大きい」と勝因を分析した。

 一回、内野安打で出た先頭の永山が二盗後、犠打で三塁に進み、篠原の右前打で先制のホームイン。神頭と岡本が単打で続き、池上の右中間二塁打で畳み掛けた。

...    
<記事全文を読む>