「大阪対決」が注目された4月1日の選抜高校野球大会決勝。大阪桐蔭の優勝が決まると、4番打者の3年山本ダンテ武蔵選手(17)は笑顔で仲間と抱き合った。古里の江田島市を離れて2年。「日本で一番強いチームに行きたい」という目標をかなえた瞬間だった。

...    
<記事全文を読む>