◆至学館9-3東邦 第六十七回県高校優勝野球大会は三日、岡崎市民球場で決勝を行い、春の選抜高校野球大会出場校の至学館が東邦を9-3で退け、初優勝を決めた。両校は二十六日から三重県内で開かれる春季東海地区大会に出場する。◆至学館が東邦を圧倒 至学館が序盤から得点を重ね、東邦を圧倒した。

 至学館は1点リードの三回、1死一塁から藤原連が右越えに適時三塁打。相手野選で追加点を挙げた後、新美も中堅に適時三塁打を放って、一気に流れを引き寄せた。先発した川口は七回途中までをほぼ完璧に抑えた。

 東邦は八回、3安打に四死球、犠飛を絡めて3点を挙げたが及ばなかった。◆目標の夏へ打ち勝つ 3安打の至学...    
<記事全文を読む>