第14回掛川市内高校野球交流戦(市体育協会など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)がこのほど、同市細谷の掛川球場で開かれた。掛川工対掛川東、掛川西対横須賀の2試合を行い、夏の全国高校野球選手権静岡大会に向けた力試しとして白熱した戦いを繰り広げた。

 今年は掛川東、掛川西の2校が夏の大会でシード権を獲得していて、地元の期待も大きく、観客約700人が詰め掛けた。試合は掛川東が12対2で掛川工を、掛川西が10対2で横須賀を、それぞれ7回コールドで下して勢いを見せつけた。

...    
<記事全文を読む>