袋井商高と袋井高が火花を散らす「第40回袋井市長杯争奪市内高校野球定期戦」(市主催)が20日、同市の愛野公園野球場で開かれた。両チーム合わせて22安打の打撃戦を袋井商が制した。

 袋井商は同点で迎えた七回に3点を挙げ、10-7でそのまま逃げ切った。袋井は鈴木貫太選手に一発が飛び出したが、定期戦2年ぶりの勝利に一歩及ばなかった。

 通算成績は袋井商の14勝23敗1分け(雨天中止2回)となった。

...    
<記事全文を読む>