静岡は勝負どころで東海大翔洋の勢いに屈した。逆転を許した七回は、主戦池谷に代わり県大会を支えてきた竹内、春の両右腕に課題を突き付けた。

 六回まで翔洋打線を2安打無失点とほぼ完璧に抑えた先発竹内。球威が落ち始めた七回、2死一、二塁から飯沢に甘く入った直球をはじき返された。救援の春も相手に傾いた流れを変えられない。平嶺と森に許した適時打は、いずれも得意のスライダーを左前に運ばれた。「緊迫した試合を経験できたのは収穫。夏に向けてもう少し精度を上げなければならない」。栗林監督は2人にさらなるレベルアップを求める。

 打線は3点をリードした後は、翔洋の飯沢に抑えられ四回以降1安打。選抜大会...    
<記事全文を読む>