第64回春季高校野球県大会第3日は3日、草薙、清水庵原球場で準々決勝を行い、4強が決まった。夏の初シードを獲得した磐田東(西部1位)が二回に山本斉也の3点適時二塁打で主導権を握り、掛川西(西部4位)を退けた。静岡(推薦)は大石哲平の3安打2打点の活躍などで清水桜が丘(中部3位)にコールド勝ち。東海大翔洋(中部1位)は右横手の先発渡辺勇太が好投、藤枝明誠(中部4位)は2年の右腕小野弘人が完封勝利を飾った。

 大会第4日は4日、草薙球場で準決勝を行う。

 ■3日の結果(準々決勝) 静岡 9―2 清水桜が丘(7回コールド) 磐田東 8―2 掛川西 東海大翔洋 7―0 掛川東(7回コールド...    
<記事全文を読む>