第136回春季北信越高校野球県大会(信濃毎日新聞社協賛)最終日は18日、しんきん諏訪湖スタジアムで決勝と3位決定戦が行われ、決勝は小諸商(東信2位)が10―7で東海大諏訪(南信1位)に勝ち、1956(昭和31)年秋以来となる2度目の優勝を飾った。

 小諸商は二回に先制すると、三回1死二塁からの長短3連打とスクイズで3点を加えた。四回は渡辺の2点適時打などで3点を追加。七回にも脇本の適時三塁打などで3点を挙げ、最大で10点差をつけた。

 3位決定戦は、上田西(東信4位)が15安打11得点で東京都市大塩尻(中信3位)にコールド勝ちした。

 小諸商と東海大諏訪の2校は、6月3〜6日に新潟県...    
<記事全文を読む>