県高校野球春季大会は三日、横浜市のサーティーフォー保土ケ谷球場で決勝を行い、東海大相模が14-13で横浜を破り、2年ぶり10度目の優勝を果たした。

 両校は二十日から茨城県で開かれる春季関東地区大会に出場する。東海大相模は2年ぶり、横浜は2年連続の関東大会出場となる。

...    
<記事全文を読む>