東海大相模・門馬監督「選手信じる」 横浜・平田監督「挑戦したい」 高校野球の県春季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)は最終日の3日、サーティーフォー保土ケ谷球場で横浜-東海大相模の決勝(試合開始午後1時)を行う。

 神奈川の高校野球をリードしてきた両雄が春の決勝でぶつかるのは9年ぶり6度目で、ここまで東海の3勝2敗。春夏秋を通じた2013年以降の5度の対戦では横浜が3勝2敗と互角だ。

 注目の決戦を前にした連載初回は両監督の思いや当時の選手の声を交えて近年の激闘を振り返り、明日の2回目は両チームの注目選手や個人成績を踏まえ、戦いの行方を展望する。

 横浜・平田徹監督(33)と...    
<記事全文を読む>