高校野球の第69回春季関東大会は20日、茨城県の水戸市民、ひたちなか市民で1都7県から18校が参加して開幕する。

 埼玉県勢は県大会5連覇の浦和学院が5年連続18度目、同準優勝の花咲徳栄が2年連続9度目の出場。2年ぶりの頂点を目指す浦和学院は21日、初戦の2回戦で横浜(神奈川2位)と土浦湖北(茨城3位)の勝者とぶつかる。花咲徳栄は21日、初戦の2回戦で早実(東京1位)と対戦する。

 2年ぶりの県勢優勝に挑む両校を紹介する。■王座奪還へ新戦力台頭 県大会5連覇の浦和学院 2年ぶりの王座奪還を目指す浦和学院は県大会決勝で見せた勝負強さを改めて発揮したい。

 打撃陣は5番山本にポイントゲッ...    
<記事全文を読む>