(春季埼玉県大会 5日・県営大宮) 第6日は準決勝2試合を行い、浦和学院と花咲徳栄のAシード勢がそれぞれ勝って決勝進出を決めた。両校は関東大会(20~24日・茨城)への切符をつかみ、浦和学院は5年連続18度目、花咲徳栄は2年連続9度目の出場。決勝進出は浦和学院が5年連続16度目、花咲徳栄は2年連続9度目。

 浦和学院は市川越に4―1で快勝した。三回に蛭間が先制打を放ち、五回に家盛の適時二塁打などで3点を加えた。公式戦初先発の右腕近野が6回無失点と試合をつくった。花咲徳栄は春日部共栄に10―2と七回コールド勝ち。三回に西川の適時打で勝ち越しに成功。六回に2点、七回には須永の2点三塁...    
<記事全文を読む>