高校野球の第69回春季関東地区大会群馬県予選最終日は4日、高崎城南球場で決勝が行われ、前橋育英が健大高崎を7―6で下し、3年連続7度目の優勝を飾った。育英は丸山和郁の2打席連続ホームランなどで小刻みに加点する一方、先発皆川喬涼と丸山の継投で健大の猛追を振り切った。

 両校はともに3年連続の県代表として20~24日、茨城県で開かれる関東大会に出場する。初戦はいずれも20日、水戸市民球場で、育英が山梨2位との2回戦、健大は茨城4位との1回戦に臨む。

 ※勝ち上がり表はこちら。

 ▽決勝健大高崎 000 001 023―6 103 010 02×―7前橋育英【健】小野、柳沢-安藤、是沢【前...    
<記事全文を読む>