高校野球の第69回春季関東地区大会群馬県予選第10日は3日、高崎城南球場で準決勝2試合が行われ、前橋育英は前橋東に、健大高崎は高崎にそれぞれ7―0で七回コールド勝ちした。前橋育英の先発根岸崇裕は、参考ながらノーヒットノーランを達成した。両校は20日に茨城県で開幕する関東大会に出場する。ともに3年連続で育英は10度目、健大は5度目。  県予選最終日は4日、同球場で決勝(午前10時開始予定)を行う。昨春から4季連続の同一カードで、育英が3連勝中。

...    
<記事全文を読む>