第70回春季県高校野球大会最終日は4日、清原球場で白鴎足利-作新の決勝を行い、白鴎足利が5-0で初優勝した。

 白鴎足利は14年ぶり7度目、作新は2年ぶり24度目の決勝進出。試合は白鴎足利が初回3点を先制し、その後も追加点を挙げ頂点に立った。

 作新は打線が沈黙。相手に完封を許し、3季連続の県大会優勝はかなわなかった。

 両校とも20日から茨城県で開催される、第69回春季関東地区高校野球大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>