シーソーゲームとなった一戦は、終盤に点数を重ねたいわき光洋が延長の末、7―5で福島東を下した。

 5―5で迎えた延長10回2死満塁。いわき光洋の小野寺将来(まさき)(2年)は甘く入った直球を振り抜くと左中間へ。「よっしゃあ」。ギュッと握りしめた右こぶしを高々と掲げて喜びを爆発させた。

...    
<記事全文を読む>