第69回春季東北地区高校野球県大会第7日は21日、あいづ球場(会津若松市)で準決勝2試合が行われた。いわき光洋は延長10回の末に7―5で福島東を下し、2年ぶりの決勝進出。春の王座奪還を狙う聖光学院は東日大昌平を9―6で振り切り、同じく2年ぶりの決勝へ駒を進めた。最終日の22日は、同球場でいわき光洋―聖光学院の決勝と、決勝に進む両チームとともに東北大会に出場する残り1校を決める福島東―東日大昌平の3位決定戦が行われる。決勝は正午、3位決定戦は午前9時30分開始予定。

...    
<記事全文を読む>