9回に5点差をひっくり返された福島東が粘りを見せ、延長戦の末、光南を8―7で下した。

 昨年春の覇者を追い詰め、底力を見せつけられ、そして打ち破った。9回に試合をひっくり返された後の同点劇から、サヨナラ勝ち。福島東のクラスメートが絶妙のコンビネーションでスクイズを決め、サヨナラの1点を決めた。

...    
<記事全文を読む>