先制した光南が3投手の継投と終盤の追加点で、福島に5―1で快勝した。

 薄曇りの空を切り裂くようにライナー性の打球がスタンドに突き刺さった。2回、光南の先頭打者、橋本拓也(3年)は「自信のある球を続けると思った」と、福島の本格派左腕大内遼河(同)が2球連続で投じた直球を逃さず、真芯で捉えた。「気持ちよかった」。橋本は右腕を高々と突き上げてダイヤモンドを駆け抜け、チームに勢いをもたらした。

...    
<記事全文を読む>