第69回春季東北地区高校野球県大会の組み合わせ抽選会は8日、会津若松市で開かれ、出場校の対戦カードが決定した。12日の開会式では会津農林の志賀省吾主将(3年)が選手宣誓する。抽選会には各校の監督や顧問が出席、代表者がくじを引いた。大会はあいづ球場(会津若松市)をメインに、鶴沼球場(会津坂下町)ヨーク開成山スタジアム(郡山市)の3会場で開催される。

 日程は前期が12~15日、後期が20~22日。開会式は12日午後0時30分から、決勝は22日正午から、それぞれあいづ球場で行われる。

...    
<記事全文を読む>