春季青森県高校野球選手権は19日、八戸市長根公園野球場で開会式を行い、東北大会(6月8日から、宮城県)の出場権「3枠」を懸けた戦いが開幕する。県内6地区の予選を勝ち抜いた計20校が出場。強豪勢は実力が伯仲しており、初出場の明の星と大間なども交え、各校が熱戦を繰り広げる。

...    
<記事全文を読む>