春季青森県高校野球地区予選は6日、八戸と十和田の2地区で計7試合を行った。八戸地区では、五戸が八戸北に延長十回サヨナラ勝ち。ともに五回コールドで試合を制した八学光星と八工大一、中盤に追加点を挙げて逃げ切った八戸が代表決定戦に駒を進めた。十和田地区は、六ケ所にコールド勝ちした三本木農、ともに序盤のリードを守りきった三沢商、七戸が第1代表決定戦に進出した。

...    
<記事全文を読む>